ソロギターを初心者からはじめよう!

ソロギター初心者入門サイト。ソロギターを初心者から上達出来る様に、ソロギターに関する知識やギターテクニックをわかりやすく解説しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

親指を使って6弦を押さえる。

弦の押さえ方にはたくさんの方法があります。基本的には、自分が押さえやすい指で押さえていいんですが、次の弦を押さえる事を考慮する必要があります。今回は、6弦を親指で押さえる場合について説明していきます。


では、ここで例となるTAB譜を見てみましょう。

親指で6弦を押さえる(例)

このような時、あなたなら6弦をどう押さえるでしょうか?一度考えて見ましょう。

人によって様々な弦の押さえ方が頭に浮かんできたと思います。最も多かったのが、人差し指か中指で押さえるパターンだと思います。薬指と小指はポジション的に無理があるからです。では、6弦を人差し指で押さえた場合について解説していきます。

6弦は開放弦なので押さえない。

出だしの6弦は開放弦なので、なにも押さえないで大丈夫です。1弦3フレットは、次のフレーズで6弦2フレット、1弦2フレットを押さえる必要がありますので、それを考慮するために1弦3フレットは薬指で押さえます。

6弦を人差し指で、1弦を中指で押さえる。

次に、6弦を人差し指で押さえて、1弦2フレットを中指で押さえます。

1弦を押さえていた中指を離す。

次にその状態のまま、1フレットに平行移動し、6弦1フレットと1弦1フレットを鳴らした後、1弦が開放弦になっていますので、中指を弦に触れない様にする必要があります。

後は、また押さえてくりかえすだけです。では、今度は6弦を親指で押さえた場合について説明していきます。

6弦は開放弦なので押さえない。

1弦3フレットは薬指で押さえます。

6弦を親指で、1弦を人指し指で押さえる。

次に6弦2フレットを親指で、1弦2フレットを人差し指で押さえます。今回は、1弦を人差し指で押さえていますが、中指でも薬指でもOKです。

1弦を押さえていた人差し指を離す。

次にその状態のまま、1フレットに平行移動し、6弦1フレットと1弦1フレットを鳴らした後、1弦が開放弦になっていますので、人差し指を弦に触れない様にする必要があります。あとは、また弦を押さえてくりかえします。

これが親指で6弦を押さえて弾くパターンです。では、なぜわざわざ親指で6弦を押さえる必要があるのかというと、実際に弦を両方のパターンで押さえた方はわかると思いますが、このTAB譜の例で言うと、親指で押さえた方が断然押さえやすいです。しかも、次のポジション移動も親指で押さえた方がスムーズだと思います。

今まで、一度も親指で6弦を押さえた事がない人は、慣れていないのでスムーズに出来ない方もいらっしゃると思います。そういう時は発想を変えてみましょう。Cメジャーコードなどで、親指で6弦を消音しますよね?あれを消音しないで、押さえればいいだけです。

コードをまだ覚えていない人は厳しいかもしれませんが、ある程度コードを弾ける様になっている方は、すぐ出来る様になるはずです。これを会得すると、弦の押さえ方のバリエーションが増えるので、今まで以上に柔軟に弦を押さえられる様になります。

ソロギターでは、この様な弦の押さえ方をよく多用しますので、お手持ちの楽譜に似たようなパターンが出てきたら、親指で6弦を押さえる方法も検討して弾いてみましょう!

自分が弾いた「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン(Fly Me To The Moon)」でも、親指で6弦を押さえている場面がちょくちょくでてきますので、参考にしてみてください。

| まっちゃんのソロギター日記 | 11:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soroguitar9.blog10.fc2.com/tb.php/65-ba5b0ad1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。