ソロギターを初心者からはじめよう!

ソロギター初心者入門サイト。ソロギターを初心者から上達出来る様に、ソロギターに関する知識やギターテクニックをわかりやすく解説しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

チョーキングを覚えよう!

今回は、チョーキングのテクニックを身につけていきましょう!このチョーキングは、ロックやパンクのバンドのギタリストがよく多用するポピュラーなテクニックです。ソロギターでも、度々使用しますので、じっくり確実に覚えていきましょう!


チョーキングとは?

チョーキングとは、弦を押さえた状態で弾き、押さえている指を上に押し上げたり、下に引き下げたりして音程を変えるテクニックの事をいいます。主に上に押し上げるチョーキングは、3、2、1弦の高音部分で使い、下に引き下げるチョーキングは、6、5、4弦の低音部分で使います。

また、チョーキングダウンというテクニックもあります。これは、チョーキングした弦を元の位置に戻す事をいいます。

押し上げるチョーキング

2弦を弾く

5フレットの2弦を薬指で押さえた状態で弾いて、

押し上げるチョーキング

そのまま、手首を回転させて上に押し上げます。

引き下げるチョーキング

5弦を弾く

5フレットの5弦を薬指で押さえた状態で弾いて、

引き下げるチョーキング

そのまま、手首を回転させて下に引き下げます。

チョーキングダウン

2弦を弾く

5フレットの2弦を薬指で押さえた状態で弾いて、

チョーキングする

そのまま、上に押し上げチョーキングして、

チョーキングダウン

弦を元に位置に戻します。これがチョーキングダウンです。尚、引き下げるチョーキングも同じです。

チョーキングは、指だけの力を頼ってしまうと、上手く弦を上げたり下げたりできません。そこで、指の力と遠心力をプラスして、スムーズにチョーキングが出来る様になります。一般的に人差し指、中指、薬指のいずれかの指で行い、小指ではあまり行いません。薬指が一番チョーキングしやすいです。

人差し指の付け根を軸にする。

このように、人差し指の付け根をネックの下側に密着させて、ここを軸にします。人差し指と中指と薬指も密着させると力が入りやすくなります。弦を押さえて弾いたら、そのまま手首を回します。すると、遠心力が働き、ほとんど力を入れなくても、チョーキング出来ます。ドアノブを回すようなイメージで行えばいいでしょう。

チョーキングの記号

チョーキング記号

チョーキングは、タブ譜上にこうやって記載されます。

チョーキングについて理解したら、次は「ビブラートを覚えよう!」に進みましょう!



| ギターテクニックを覚えよう! | 01:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soroguitar9.blog10.fc2.com/tb.php/39-6984a936

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。