ソロギターを初心者からはじめよう!

ソロギター初心者入門サイト。ソロギターを初心者から上達出来る様に、ソロギターに関する知識やギターテクニックをわかりやすく解説しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スライドを覚えよう!

今回は、スライドのテクニックを学んでいきましょう!スライドは簡単なテクニックの部類に入りますので、すぐ覚えられると思います。その割には、使用頻度は結構高めなので、重宝すると思いますよ。では、いきます!


スライドとは?

スライドとは、弦を押さえた状態で弾き、弦を押さえている左手の指を押さえた状態のまま移動させて、音程を上げたり下げたりするテクニックの事です。音を伸ばしたまま、音程を変える事が出来るのがスライドの特徴です。弦を押さえた状態じゃないと出来ないので、開放弦では使えません。

スライド

弦を押さえて弾く

5弦の1フレットを押さえて、一度弾いた後に

音程が上がるスライド

音が鳴っている状態で、押さえている指を3フレットに持っていって、止めます。

低い音程から音が伸びたまま高い音程になったのがわかりますね?逆もやってみましょう!

4弦を押さえて弾く

4フレットの4弦を弾いた後に、

音程が下がるスライド

音が鳴っている状態で、押さえている指を1フレットに持っていきましょう。

今度は高い音程から音が伸びたまま低い音程に変わりました。この様に、スライドは音が途切れることなく、別の音程に変える事ができます。移動するスピードにより、音の印象も変わりますので、曲によって使い分けるといいでしょう。

スライドの記号

スライド記号

スライドは、タブ譜上にこうやって記載されます。

スライドについて理解したら、次は「グリッサンドを覚えよう!」に進みましょう!



| ギターテクニックを覚えよう! | 17:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soroguitar9.blog10.fc2.com/tb.php/36-ed35ee45

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。