ソロギターを初心者からはじめよう!

ソロギター初心者入門サイト。ソロギターを初心者から上達出来る様に、ソロギターに関する知識やギターテクニックをわかりやすく解説しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アポヤンドとアルアイレを覚えよう!

ストロークブラッシングを覚えたら、次はアポヤンドとアルアイレというテクニックをお教えします。この二つのテクニックは似ているので、二つで一組として覚えましょう。難易度はそんなに高くないので、初心者でもすぐ覚えられると思います。では、早速いってみましょう!


アポヤンドとアルアイレとは?

アポヤンドとアルアイレとは、フィンガーピッキングの弾き方の事をいいます。弦を弾いた後の指を別の弦に当てて止める弾き方をアポヤンド、弦に当てずに止める弾き方をアルアイレといいます。ソロギターでは、一般的にアルアイレを多く使用します。

アポヤンド

では、例として、6弦を親指で弾いた場合で説明しましょう。

親指の方向

6弦を親指で弾いた後、親指は下方向に行くので、

アポヤンド

隣の5弦で止める様にします。

これがアポヤンドです。5弦を弾いた場合は、4弦へという風に隣の弦に当てて止めます。アポヤンドを使用する事により、6弦の次に隣の弦(5弦)を弾く様なメロディやコードが出た時に、スムーズにポジションが出来上がります。

アルアイレ

親指の方向

6弦を親指で弾いた後、親指は下方向に行きますが、

アルアイレ

隣の弦に触れずに空中で止めます。

これがアルアイレです。これは、フィンガーピッキングの基本の弾き方なので、初心者の方でも知らず知らずに使用している人もいると思います。ちゃんと名前があるので、一応覚えておいてください。アルアイレを使用する事により、連続的にメロディや伴奏をすばやく弾く事が出来ます。

アポヤンドとアルアイレの記号

アポヤンドとアルアイレ

タブ譜上には、アポヤンドとアルアイレの記号はありません。タブ譜を見て、アポヤンドの方が上手く弾けそうと判断した時にアポヤンドを使用してみてください。。(画像はクリックすると拡大します。)冒頭でもいいましたが、ソロギターではアポヤンドはあまり使わず、アルアイレを多用します。しかし、使用した方がいい曲も中にはあるので、覚えておいてください。

アポヤンドとアルアイレについてわかったら、次は「アルペジオを覚えよう!」に進みましょう!



| ギターテクニックを覚えよう! | 03:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soroguitar9.blog10.fc2.com/tb.php/31-e78a0880

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。