ソロギターを初心者からはじめよう!

ソロギター初心者入門サイト。ソロギターを初心者から上達出来る様に、ソロギターに関する知識やギターテクニックをわかりやすく解説しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ストロークを覚えよう!

メジャーコードを覚えたら、今度はギターテクニックについて学んでいきましょう。ギターでは、様々なテクニックを用い、ギターの音色を多種多様に変える事ができます。もちろんソロギターでも使います。テクニックといっても、何年もかけて覚える様な難しいテクニックはほとんどないので大丈夫です。では、早速いってみましょう!


ストロークとは?

まず、一番初めにストロークを覚えましょう。これは、ギターの最も基本的なテクニックです。

弦を指で一気に弾き鳴らす事をストロークといいます。フィンガーピッキングでは、1弦ずつ弾いていましたが、ストロークは、複数の弦をまとめて弾く事をいいます。

ストロークにはダウンストロークとアップストロークの二種類があり、ダウンは指を6弦から1弦に向かって指を落として鳴らします。アップは逆に1弦から6弦に向かって指を上げて鳴らします。

ストローク

ピックを使うエレキギターの場合は、ピックを使うしかないので、アップもダウンもピックで行えばいいのですが、指で弾く場合は5本もあるので選択肢が分かれます。初心者は、ここで迷いがちですが、今回は一般的なやり方を教えます。

ストローク時の指の形

ダウンを人差し指で行い、アップを親指で弾いていきます。手の形を上の画像の様にしてみてください。この時、力を入れないようにリラックスして形を作る事がポイントです。

ダウンストローク

このように、ダウンストロークを人差し指で、

アップストローク

アップストロークを親指で行います。

手首を軸にする

弾く時も手の指はリラックスした状態で、手首の部分を軸にして手全体をしならせて弾くといいでしょう。これにより、すばやくダウンストロークとアップストロークを繰り返す事が出来る様になり、音のキレも増します。

ストローク記号

ストローク記号

ストローク記号は、タブ譜上にこうやって記載されます。(画像はクリックすると拡大します。)

ストロークについて理解できたら、次は「ギターをストロークで弾いてみよう!」に進みましょう!



| ギターテクニックを覚えよう! | 03:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soroguitar9.blog10.fc2.com/tb.php/30-50e72b39

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。