ソロギターを初心者からはじめよう!

ソロギター初心者入門サイト。ソロギターを初心者から上達出来る様に、ソロギターに関する知識やギターテクニックをわかりやすく解説しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バレーコードの平行移動

メジャーコードを全部覚える事はできたでしょうか?何度も練習すれば、自然に押さえられる様になるので、あきらめずに何度も挑戦してみてくださいね。今回は、バレーコードの平行移動を覚えましょう。開放弦を鳴らさないFやBのバレーコードは、位置を変えるだけで別のコードになる事が可能です。


バレーコードとは?

もう知っていると思いますが、バレーコードとは、セーハの状態で弦を押さえているコードの事を言います。FコードやBコードは、人差し指で複数の弦を押さえている(セーハ)ので、バレーコードと呼ばれるんですね。

このバレーコード、きれいに弾ける様になるのは大変ですが、弾ける様になると大変便利なコードです。なぜなら、弦を押さえる位置を横に移動するだけで、スムーズに違う音程のコードに変更できるからです。

バレーコードの平行移動

Fメジャーコードを例にして見てみましょう。

Fメジャーコード

Fメジャーコードは、この様に1フレットの全弦を人差し指で、3フレット5弦を薬指で、3フレット4弦を小指で、2フレット3弦を中指で押さえます。この場合、一番音が低い音(ルート)がF(ファ)になるので、これをFメジャーコードといいます。

では、1フレットから押さえ始めていたこのFメジャーコードを、3フレットへ横に平行移動してみましょう。

Gメジャーコード

1フレットの全弦を押さえていた人差し指→3フレットの全弦を押さえる。
3フレットの5弦を押さえていた薬指→5フレット5弦を押さえる。
3フレットの4弦を押さえていた小指→5フレット4弦を押さえる。
2フレットの3弦を押さえていた中指→4フレット3弦を押さえる。

フレットの位置が違いますが、コードを押さえる形は変わっていませんね。しかし、これはもうFメジャーコードとはいいません。このコードの事をGメジャーコードといいます。なぜそうなるかというと、一番音が低いルート音がG(ソ)になっているからです。

このように、バレーコードは横に平行移動してルートポジション(一番低い音程の位置)を変えるだけで、いろいろなコードに変える事ができます。これはメジャーコードにだけ限らず、他のバレーコードの型にもあてはまります。以下がルートポジションになる6~4弦の音程です。(11フレットまでしか表記してませんがまだ続きます。)

ルートポジション

さっき説明したGメジャーコードの状態で、人差し指を5フレットに持っていけば、Aメジャーコードになるという事です。

以上がバレーコードの平行移動の詳細です。

コードについて理解できたら、次はギターテクニックを学んでいきましょう!「ストロークを覚えよう!」に進んでください。



| ギターのコードを覚えよう! | 18:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soroguitar9.blog10.fc2.com/tb.php/29-f815bdfc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。