ソロギターを初心者からはじめよう!

ソロギター初心者入門サイト。ソロギターを初心者から上達出来る様に、ソロギターに関する知識やギターテクニックをわかりやすく解説しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Cメジャーコードを弾いてみよう!

ギターのコードについてある程度わかってきたら、今度は実際にコードを弾いていってみましょう!コードにはいろいろな種類の型があるといいましたが、初心者は一番基本的なメジャーコードから覚えていきましょう。

このメジャーコードが全てのコードの型の軸になるので、これさえ覚えればいくらでも他のコードに応用できます。


メジャーコードからなぜ覚えるの?

メジャーコードは、コードネームのアルファベットに数字や英語が付いてきません。これが何を意味するかというと、一番スタンダードなコードだという事を表しています。

他のコードの型は、メジャーコードにちょっと変化を加えたものです。コードネームに付いてくる数字や英語は、メジャーコードに変化を加えた証なんです。メジャーコードがなぜ基本コードで、なぜ他のコード型の軸になるのか、初心者の方もこれでわかったと思います。

Cメジャーコード

ドレミファソラシドの順番でメジャーコードを覚えていきます。今回は第1回目なので、C(ド)コードから覚えましょう!では早速、Cメジャーコードをコードダイアグラムで説明していきます。

コードダイアグラム

Cコードの場合は、5弦の3フレットを薬指、4弦の2フレットを中指、2弦の1フレットを人差し指で押さえます。押さえた時に、3弦と1弦が開放弦になっているので、この2つの弦には触れない様に押さえましょう。触れると音が鳴りません。指を真っ直ぐにして押さえるのではなく、斜め気味に押さえるときれいに押さえられます。

※このように開放弦が含まれているコードの事をローコードといいます。このローコードは、ヘッド寄りのフレット(1,2,3フレット付近)で押さえる事が多いです。

Cメジャーコードの押さえ方

こんな感じですね。Cコードでは、6弦を弾かない事になっているので、ここを鳴らさないで5~1弦を弾くか、コードを押さえている方の親指で消音して6~1弦を弾きます。消音とは、文字通り音を消す事です。弦に触れたら音は鳴りませんから、この場合、6弦をちょっとだけ親指で触れて、意図的に音を出さない様にします。

鳴らさないで弾くのと消音して弾くのはどっちがいいかといいますと、消音して弾くのがいいです。ギターには、色んな弾き方があるので、消音して弾く事は、後々楽になります。初心者の人は、はじめてコードを押さえるのに必死で消音どころじゃないと思いますが、頑張って消音も交えて弾いてみましょう!

押さえたら実際に弾いてみてください。弾く時は、親指で6~1弦を弾いていきます。きれいに音は鳴りましたか?鳴らない場合は、何か原因があるので、一弦ずつ弾いていってみてください。鳴らない弦を発見したら原因を探ります。押さえている指が他の弦に触れてないか?指でちゃんと弦を押さえているか?などですね。

発見したら微調整しながら何度も練習しましょう!

以上がCメジャーコードになります。

次は「Dメジャーコードを弾いてみよう!」に進みましょう!

| ギターのコードを覚えよう! | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soroguitar9.blog10.fc2.com/tb.php/22-76ec0311

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。