ソロギターを初心者からはじめよう!

ソロギター初心者入門サイト。ソロギターを初心者から上達出来る様に、ソロギターに関する知識やギターテクニックをわかりやすく解説しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドレミファソラシドを弾いてみよう!

ギターのフォームTAB譜の読み方弦の押さえ方弦の弾き方の4つを覚えたら、ギターを弾く準備は整いました。今回は、簡単なメロディを実際に弾いていきましょう!4つの内、まだわからない事があれば、読んで理解してから弾きましょうね。


ドレミファソラシドを弾いてみよう

では、実際に弾いていきましょう。これが今回弾く練習課題です。

タブ譜

このタブ譜は弾くとわかるんですが、ドレミファソラシドになっています。一度弾いた後にドシラソファミレドとくり返す様になっています。基本的なメロディですが、やってみると意外と楽しいですよ。これで指を慣らしていきましょう!

左手のポイント

左手のポイント

弾いていく時のポイントとしては、左手は3フレット部分を薬指、2フレット部分を中指、1フレット部分を人差し指で担当すると弾きやすいでしょう。これは、一弦ずつ押さえる時、スムーズに弦を押さえる事が出来る手法です。

このタブ譜では、4フレット目を弾く必要がないのですが、もしあれば4フレット部分は小指が担当します。

右手のポイント

右手のポイント

弦の右手は、フィンガーピッキングの基本を行えばOKです!5、4弦を親指、3弦を人差し指、2弦を中指が担当します。3、2弦の部分を人差し指と中指で交互に弾いていくと、後ほどソロギターを弾いていく上で、スムーズに弾ける様になります。慣れてきたら交互に弾く事にも挑戦してみてください。

こちらは、自分が弾いた見本です。
2回目の右手は、人差し指と中指を交互にして弾いています。



このドレミファソラシドを弾く事によって、弦を上手く押さえる事、弦を上手く弾く事など、ギターを弾く上で基本的な事を全体的に底上げしてくれます。マスターできるまでひたすら練習してみて下さい。いつの間にか弾ける様になるはずです。

ドレミファソラシドを弾ける様になったら、次は「ギターのコードとは?」を読んで、コードについて学んでいきましょう!

| ギターを弾いてみよう! | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soroguitar9.blog10.fc2.com/tb.php/20-7058e7e5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。