ソロギターを初心者からはじめよう!

ソロギター初心者入門サイト。ソロギターを初心者から上達出来る様に、ソロギターに関する知識やギターテクニックをわかりやすく解説しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ソロギターの弦の弾き方

ギターの弦の押さえ方」を理解したら、今度は弦の弾き方です。エレキギターを弾く場合は、フラットピックなどを用いて、弦を弾くのが基本ですが、ソロギターの場合は、指で弦を弾くのが基本です。指で弾く事を「フィンガーピッキング」といいます。

今回はこのフィンガーピッキングについて学んでいきましょう。


弦の弾き方(基本編)

フィンガーピッキング(基本)

ギターには弦が6本あります。その一つ一つの弦に対して、どの指で弾くかがあらかじめ決まっています。6~4弦は親指で、3弦は人差し指、2弦は中指、1弦は薬指となっています。

親指のフィンガーピッキング

6~4弦の親指は、上から下に指を落として弦を弾きます。

その他の指のフィンガーピッキング

3~1弦の人差し指~薬指は下から上に指を上げて弦を弾きます。
(親指で弾く時だけ上から下。その他の指は下から上と覚えましょう。)

これがフィンガーピッキングの基本です。

ソロギターの弦の弾き方(応用編)

基本を覚えたら、フィンガーピッキングの応用編を覚えましょう。ソロギターの場合は、同時に弦を弾く場合が多いので、基本のように指の割り当てが当てはまらない時があります。

6、4弦を同時に弾くタブ譜

例えば、6、4、3、1弦を同時に弾く場合は、基本の弾き方で言うと、親指2つに人差し指、薬指で弾きますが、親指は一人につき一本しかないので、基本どおりだと絶対弾けない事になります。

フィンガーピッキング(応用)

なのでそういう場合は、6弦は基本どおり親指、4弦を人差し指、3弦を中指、1弦を薬指で弾く様にします。その際に、4弦は人差し指で弾いているので、下から上に上げる様に弾きましょう。

このようにソロギターでは、臨機応変に対応していくのが大切です。自分が初心者の頃、楽譜を見た時、基本どおりでは弾けないので、頭の中がパニックになった事があります(笑)そうならない様に、頭の中を柔らかくして、基本通りで上手くいかない場合は、指は4本もありますので、どんどん対応していきましょう!

※楽譜の曲の中には、4本使っても足りなくて、小指を使う場合もあります。これは、難しい曲の時にあるんですが、そうめったにはないです。初心者が小指を使って弾こうとすると難しいので、上手くいきません。まずは、基本の親指~薬指の弾き方をマスターしてから、そういう難しい曲に挑戦していけばいいと思います。

以上が、ソロギターの弦の弾き方になります。

次は「ドレミファソラシドを弾いてみよう!」を読んで、実際にギターを弾いていきましょう!


| ソロギターの弦の弾き方 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soroguitar9.blog10.fc2.com/tb.php/19-da7b3c83

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。