ソロギターを初心者からはじめよう!

ソロギター初心者入門サイト。ソロギターを初心者から上達出来る様に、ソロギターに関する知識やギターテクニックをわかりやすく解説しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ギターの弦の押さえ方

TAB譜の読み方がわかったら、今度はギターの弦の押さえ方を学びましょう。ギターは弦を上手く押さえないと、きれいに音が鳴りません。せっかく押さえたのに、鳴らなかったら楽器として意味がないので、正しい押さえ方を知る必要があります。

はじめは上手く押さえられないと思いますが、何度もくり返す事により、スムーズに押さえる事が出来る様になります。


ギターのTAB譜の読み方」で、押さえたい弦がある場合、そのフレットの前の部分(フィンガーボード)を押さえるというのはわかったと思いますが、フィンガーボードは幅が結構ありますよね?

範囲内であれば、指で押さえる場所はどこでもいいのか?っていうとそういう訳ではありません。画像を用いて説明しましょう。

1弦ずつの押さえ方

例えば、5弦の3フレット目を押さえたいと思ったら、下の画像のような範囲になります。

弦範囲

では、これを真ん中ぐらいで押さえてみましょう。押さえたら右手の親指で5弦を鳴らしてみてください。

真ん中で押さえる

どうでしたか?きれいに音が鳴りましたか?きれいに鳴った人もいるかもしれませんが、実は、これは正しい弦の押さえ方ではありません。下の画像が正しい弦の押さえ方です。

フレット寄りで押さえる

このように、フレット寄りに押さえるんですね。
(この例えの場合は、5弦の3フレット目を押さえるので、3フレット寄りのフィンガーボードを押さえる。)

複数の弦の押さえ方

ギターでは、人差し指で複数の弦をまとめて押さえる事があります。この様な人差し指の押さえ方をセーハといいます。セーハの弦の押さえ方もついでに覚えておきましょう。

例えば、6弦~1弦の3フレット目をまとめて押さえるとしたら、下の画像の様な範囲になります。

複数弦範囲

では、これを実際に押さえて見ましょう。フレット寄りなのは、1弦ずつ押さえる時と一緒です。押さえたら先程と同じ様に鳴らしてみて下さい。1弦ずつでもいいですし、まとめてでも構いません。

複数の弦を押さえる

どうでしょう?これは少々難易度が高いので、全ての弦が鳴った人は少ないと思います。まとめて弦を押さえる時は、フレット寄り+指の側面で押さえる必要があります。

手の正面手の側面

初心者の場合、先ほど押さえた時は指の正面で押さえていたと思いますが、指の正面は柔らかく、押さえる力が分散しやすいです。弦をまとめて押さえる場合は、指側面の固い骨部分を使い、しっかり押さえる様にします。

正面で押さえる

こうではなく、

側面で押さえる

こうですね。

ネックの裏側で支えている親指は、中心付近で支えた方がいいと思います。これにより弦を押さえている指が安定しやすくなります。支える親指は特に決まった位置というのがないので、自分でいろいろ試してみて支えやすいポジションを探してみましょう!

親指の位置

以上がギターの弦の押さえ方です。

次は「ソロギターの弦の弾き方」を読んで、ソロギターでの弦の弾き方を学びましょう!



| ギターの弦の押さえ方 | 00:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soroguitar9.blog10.fc2.com/tb.php/18-7d0d9d2e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。