ソロギターを初心者からはじめよう!

ソロギター初心者入門サイト。ソロギターを初心者から上達出来る様に、ソロギターに関する知識やギターテクニックをわかりやすく解説しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ギターの基本的なフォーム

チューニングが完了したら、次はギターのフォーム(構え方)についてご説明します。無理な体勢でギターを弾いたら、疲れが増して練習どころじゃなくなってしまいます。なので、正しいフォームを身につけるのは、上達につながります。

ギターのフォームにもいろいろありますが、今回は基本的な構え方を教えますので、これを基準にしてください。


ギターのフォーム

座ってからのフォーム

ギターを座って弾く場合は、まず肩幅程度に足を広げて、ギターのボディの裏側とお腹を密着させます。その次に、ギターのボディの真ん中ぐらいにくぼんだ部分があるので、そこを太ももに乗せます。くぼみが無い場合は、真ん中ら辺を太ももに乗せましょう。この二つの組み合わせにより、ギターを安定させる事が出来る様になります。

右手は、ギターのボディ側にあるサウンドホール近くに持っていき、左手はネックを握ります。(左利きの人は反対。)この時に力が入りすぎてガチガチにならない様にリラックスして構えましょう。これが座って弾く場合の基本フォームです。足を組むか組まないかは自由なので、弾きやすいフォームで弾きましょう。

立ってからのフォーム

立って弾く場合は、ストラップをギターに取り付け、それを肩にかけてギターの裏側とお腹を密着させます。その次は、座って弾く場合と同じで右手をサウンドホール付近、左手はネックを握ります。その後にネック部分を上に持っていき、ギターが斜めになる様にします。

ギターを斜めにする事により弾きやすくなります。立って弾く場合は、座って弾く場合に比べて不安定なので、初心者の人はまず座ってから練習しましょう。上達してきたら挑戦してOKです。

右手のフォーム

右手のフォーム

ギターのボディに右手の肘部分を乗せます。そのまま、手の部分を弦に向かう様に少し曲げ、弦に触れるようにします。右手を脱力させ、リラックスした状態で弦を弾きます。はじめは親指で1弦ずつ弾いてみて下さい。

初心者は緊張して、右腕に力が入りすぎると思いますが、余計な力が入るとギターをスムーズに弾く事が出来ません。右手をギターに乗せたら深呼吸などをして右手をリラックスさせて下さい。

左手のフォーム

左手は弦を押さえる役割があります。押さえたい箇所を親指以外の指で押さえ、親指はネックの裏側で支える役目です。親指がネック部分を支える事で、安定した演奏が出来る様になります。

親指の位置は、一定ではなく、親指以外の弦を押さえる指の位置が変わると、親指も位置が変わります。弦を押さえるのと親指が支えるのは、同時に起きる事なので覚えておいて下さい。上手く弾けない場合は、どっちかがおろそかになっているかもしれません。確認してみましょう。

親指をネック上に出すフォーム

親指をネック上に出すフォーム

1弦ずつ弾く時や開放弦を含むコードを弾く時に使われるフォームです。コードを弾く場合は、親指を使って、6弦や5弦に触れて消音したりします。

親指をネック上に出すフォーム(裏側)

ネックの裏側からだとこんな感じです。

親指をネックの裏側で支えるフォーム

親指をネックの裏側で支えるフォーム

複数の弦を押さえるコードの時に使われるフォームです。主に人差し指や薬指で、まとめて弦を押さえる時に使われます。

親指をネックの裏側で支えるフォーム(裏側)

ネックの裏側からだとこんな感じです。

以上がギターの基本的なフォームです。

※コードの意味がわからない方は、後ほど説明しますので、今は無視して結構です。

次は「ギターのTAB譜の読み方」を読んで、ギターの楽譜を読めるようにしましょう!


| ギターの基本的なフォーム | 00:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soroguitar9.blog10.fc2.com/tb.php/17-ce2aa55c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。