ソロギターを初心者からはじめよう!

ソロギター初心者入門サイト。ソロギターを初心者から上達出来る様に、ソロギターに関する知識やギターテクニックをわかりやすく解説しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ギターのTAB譜の読み方

ギターのフォームを理解したら、次はTAB譜の読み方について説明します。TAB譜(タブ譜ともいう。)とは、あらゆる弦楽器に使用されている、弦楽器専用の楽譜です。ギターの楽譜もTAB譜で構成されています。これが読めない限り、本に書いてある事が理解できないので、ちゃんと覚えましょう。


ピアノなどの楽譜では、一般的に五線譜と呼ばれるもので構成されています。ギターの楽譜の場合は、この五線譜とTAB譜が合わさって記載されていて、どっちかを見て演奏できるようになっています。

五線譜だけを見て弾けるのは高等技術なので、初心者はTAB譜を見て練習しましょう。TAB譜だけを見て練習しても上達しますが、音符や記号、テンポなど細かい所を知るためには、五線譜を読めるようにならないとわからないので、教則本などで勉強をするようにしましょう。

タブ譜

これがそのTAB譜です。上に五線譜、下にTAB譜が記載されています。

上の五線譜が横線5本なのに対し、ギターのTAB譜は横線が6本あります。なぜ6本あるのかというと、ギターの弦の数は6本なので、この横線を6本にする事によってギターの弦に見立てているんです。TAB譜を見た時にどの弦を弾けばいいのかを表現しています。

下から順に6弦、5弦、4弦、3弦、2弦、1弦です。

どこの弦を弾くのかがわかったら、今度は数字に注目してみましょう。この数字は何番目のフレットを押さえるかというのを表しています。これをフレット数といいます。フレットの数え方は、ヘッド部分から近い順に1、2、3フレットと数えます。

実際にフレット自体は押さえられないので、フレット数の前のフィンガーボードを押さえます。

フレット数

横線とフレット数の組み合わせでどこを押さえればいいのかがわかるんですね。ここで例題を出してみましょう。

例題.タブ譜

赤い部分を弾きたい場合は、まず横線を見て、5弦に位置しているのを確認します。その次に3という数字があるので、5弦の3フレットを押さえて弾きます。

青い部分の場合は、横線は2弦、数字は0と書いてあります。この0という数字は何も押さえない状態で弾く事を指しています。弦を押さえないで弾く事を「開放弦を弾く」といいます。この青い部分の場合は、2弦目を開放弦の状態で弾く事を指しています。

例題.ギター

以上でTAB譜の読み方は終わりです。

TAB譜の読み方がわかったら、次は「ギターの弦の押さえ方」を読んで、音がきれいに響くように、正しい弦の押さえ方を学びましょう!

| ギターのTAB譜の読み方 | 00:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soroguitar9.blog10.fc2.com/tb.php/16-670d76a4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。