ソロギターを初心者からはじめよう!

ソロギター初心者入門サイト。ソロギターを初心者から上達出来る様に、ソロギターに関する知識やギターテクニックをわかりやすく解説しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ギターの弦の張り替え方

ある程度、ギターに関する事がわかったところで、次はギターの弦を張り替え方を学びましょう!ギターに弦をつける事を一般的に「弦を張る」といいます。買ったばかりのギターには弦が付いている場合があるので、そういう時は、それをそのまま使用しても大丈夫です。そういう方は、「ギターのチューニング方法」をごらんください。

ギターを購入したのに弦が付いてない場合や弦が切れたり、サビだしたら弦を張り替えましょう。では、行きます!


1.弦を緩める

ペグを回す

まずペグを回して、全ての弦をゆるめます。ペグを回し、弦を締め上げたり、ゆるめたりする事で音程を上げたり下げたりする事が出来ます。締めつけたら弦が張って音が高くなり、逆にゆるめると音が下がります。

一度弦を弾いてみてから、その弦がつながってるペグ部分を回してみて音を確かめましょう。音が下がったら正解です。その方向にペグを回していきましょう。

弦のゆるめ具合

弦はこれぐらい緩めましょう。

2.弦を外す

弦をニッパーで切る

弦をゆるめたら、ヘッド(ペグ側)の弦をニッパーなどの道具で、弦を切ってから外します。

サウンドホールからブリッジピンを押し上げる

取り終えたら、サウンドホールの中に手を突っ込み、ボディ側のブリッジにあるブリッジピンを上に押し上げてブリッジピンを外します。

ブリッジピンと弦の取り外し

そうすると弦が取り外せます。

3.掃除する

クロスで掃除する

弦をすべて外したら、弦がついていた事により掃除できなかった部分をクロスなどで全体的に掃除していきます。これで張ってあった弦を取り除く作業は終わりです。いよいよ次からは、買ってきた新品の弦の張り替えを行っていきます。

4.弦を張り替える場所を確認する

弦を張り替える場所を確認

弦はギターを正面から見た状態で、左から6弦、5弦、4弦、3弦、2弦、1弦を通していきます。通す時に、ナットの部分に溝があるので、そこを通してから張っていきます。

6弦が一番太く、1弦が一番細いです。張り替える時は太い順から張り替えていきます。(6弦、5弦、4弦…の順。)弦を通す所を間違えないようにしましょう。

5.弦をブリッジ側で固定する

弦のボールエンド

弦は、先がとがっている部分とボールエンドと呼ばれる丸い形のストッパーが付いている部分があります。ブリッジ側にはボールエンド側をブリッジの穴に通します。

ブリッジピンの溝

次にブリッジピンを差し込むんですが、この時、向きには注意してください。ブリッジピンには溝があり、そこが弦の通り道になっているので、弦がそこを通るようにします。

ボールエンドをブリッジの穴に入れる

まず、ボールエンド側の弦をブリッジの穴に通します。

ブリッジピンを差し込む

次に、ブリッジピンの溝に弦が通ってるのを確認しながら、差し込みます。

ブリッジピンを押し込む

最後に、ブリッジピンを押し込みます。ちゃんと押しこまないと、弦を張る際にブリッジピンが抜けてしまいますので、ブリッジピンはしっかり押し込みましょう!一つ固定したら、残りの弦もすべて固定していきましょう。

6.弦をペグに通して、巻きつける

ペグに弦を通す

ブリッジ側に弦を全て通し終わったら、次はペグに弦を通していきます。通す時は、太い方の6弦から順にやっていきましょう。ペグには穴が開いているので、そこに弦が曲がらない様にまっすぐ通します。ペグの穴の位置が合ってない場合は、ペグのつまみを回して穴を弦に対して真っ直ぐにしましょう。

弦をまっすぐにする

弦を通したら、通した先を持ってボディ側のブリッジピンにボールエンドが引っかかるまで軽く引っ張り、まっすぐにします。

弦を1フレット分ゆるませる

その状態で、左手は弦の先を持ったまま、右手で1フレット分弦を戻します。

弦を1フレット分ゆるませる2

このようにして、

弦を1フレット分ゆるませる3

弦を真っ直ぐ伸ばした状態から、弦が1フレット分ゆるんだ状態にします。

右手でナットを押さえて、左手でペグを回す

ゆるんだ状態にしたら、左手でヘッド側のナットを押さえて、1フレット分ゆるんだ状態を保ちます。その手を右手と入れ替え、右手でナットを押さえながら左手でペグを回して弦を締め上げていきます。この時、回す方向は反時計回りです。

※6,5,4弦は反時計回りの方向にペグを回し、3,2,1弦は時計回りにペグを回す。左右対象になる様にする。

先がとんがっている方の弦を下に通す

ペグを回していくと弦が合わさると思うので、ペグの穴に通した先がとがっている部分の方を下に通します。

ペグを回して一周した図

一周して、とがっている部分が下になっていたら正解です。

先がとんがっている方の弦を上に通す

そのままペグを回していくと、また弦が合わさるので、今度はとがっている部分を上に通しましょう。

先がとんがっている方の弦が真ん中に来ている

ある程度回して、上記のように、とがっている部分が弦にはさまれて真ん中に来ている状態になっていたらOKです。この時、ペグを回しすぎたら弦が切れてしまうので注意。

自分もはじめて弦を交換した時は、切ってしまいました。そうならない様に、ナットを押さえていた右手を離して、弦がある程度張っている状態になったらペグを回すのはひかえましょう。

弦のゆるみ具合

弦の張り具合はこれぐらいがベストです。ボディ側で弦を押してみたり、弾いてみたりして確かめましょう。通し終えたら、残りの弦もペグに巻きつけていきましょう。

7.弦をカットする

弦をニッパーで切って整える

弦の張り替えが終わったら、ヘッド部分の余分な弦が邪魔だと思うので、ニッパーを使って適度な長さにしましょう。切った先が無くならない様にしっかり押さえながら切って下さい。

弦の張り替え完了

完成です。以上で、弦の張り替えが終わりました。

次は「ギターのチューニング方法」を読んで、張り替えた弦をチューニングして、音を合わせていきましょう。





| ギターの弦の張り替え方 | 00:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soroguitar9.blog10.fc2.com/tb.php/14-c0849cfb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。