ソロギターを初心者からはじめよう!

ソロギター初心者入門サイト。ソロギターを初心者から上達出来る様に、ソロギターに関する知識やギターテクニックをわかりやすく解説しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ギターのチューニング方法

弦の張り替えが終わったら、次はチューニングの方法をお教えします。ギターは6本の弦で音を奏でます。この一本一本の弦に決まった音程というのがありまして、それを正しい音に合わせるのがチューニングです。

ギターを含め、世の中にある楽器はチューニングをしないと曲が弾けない様になっているので、ここはおろそかにしないようにしましょう!


スタンダードチューニング

チューニングには、様々な種類があります。その中でもスタンダードチューニング(ノーマルチューニング)と呼ばれるものが基本となります。ソロギターやバンドでギターを弾く時もこのスタンダードチューニングを使うのが一般的です。これさえ覚えれば、他の種類のチューニングにも対応できる様になります。ここでは、そのスタンダードチューニングの方法をお教えします。

音階を覚えよう!

ギターの音階

チューニングをする前に音階を覚えましょう!一般的な音階というのは、ドレミファソラシです。ギターの場合、その音階が英語表記になっています。順番的にいうと、CDEFGABとなります。C=ド、D=レ、E=ミ、F=ファ、G=ソ、A=ラ、B=シです。

スタンダードチューニングの音階

スタンダードチューニングの音階

スタンダードチューニングは、弦を何も押さえない状態で弾いた時に、上記の画像の様、それぞれの音になるようにします。

チューニングの方法

デジタル式機械チューナー

チューニングの方法にも色々なやり方があるんですが、今回はチューナーを使ったチューニングの仕方をお教えします。チューナーは、機械のデジタル式と道具を使うアナログ式があります。

アナログ式は、耳を頼りにチューニングしますので、慣れない内はわかりずらいです。なので、初心者でも簡単に出来るデジタル式機械チューナーで音合わせをしてみましょう。

チューニングしてみよう!

チューナーを使ってチューニング

使い方ですが、アコースティックギターとエレアコの場合、サウンドホール付近の音が響きやすい所に、チューナーのマイクの部分に近づけて、チューニングしたい弦の音を鳴らします。エレアコの場合は、シールドでチューナーとギターをつないで音を鳴らしてもいいです。

※チューニングをする時は6弦、5弦、4弦と太い弦から順にやっていきましょう!

チューナーの表示の見方

音を鳴らすと、チューナー上に音階名が表示されますので、合わせたい音になるまでペグを回していきます。合わせたい音が表示されたら、目盛りが真ん中に来る様に微調整します。真ん中に来ると上のランプが緑色に光るので、音を鳴らしている間、右にも左にも目盛りがブレなければOKです。

チューナーによって、やり方が若干違ってきますので、各々持っているチューナーの説明書を読んでからやってみてください。

一度全ての弦を合わせて終わった後に、もう一度6弦から順に音を確かめる事をオススメします。弦を張ったばっかりの時は、チューニングが狂いやすいからです。めんどくさいかもしれませんが、ここは念入りにやっておきましょう!

以上がチューニングの方法になります。

次は「ギターの基本的なフォーム」を読んで、ギターを正しいフォームで弾ける様にしましょう!


| ギターのチューニング方法 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soroguitar9.blog10.fc2.com/tb.php/13-6ebb4935

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。